多摩1キロフェス2015

多摩1キロフェス2015

2015.9.19[土]・20[日]
多摩センター駅〜多摩中央公園1キロのエリア

今年のテーマは「この街をテーマパークに」。
「この街」とは多摩センター駅のある街、ここは近代的な建物と多摩の自然が入り交じった、住むにも遊ぶにもとても贅沢な空間です。その建物や自然をステージに見立て、さまざまなパフォーマンスを行います。
「ここでしか見られない」「市民と一緒につくりあげる」ことを大事に、このフェスは運営されています。
訪れた皆さんがきっと何か発見できる、そして住んでいる人にとっては「新しい街のお祭り」となることを目指しています。
今年はほとんどが無料ステージ。実は新宿から30分もかからない場所にあります。
ぜひ遊びにきてください。書を捨てよ、街を遊ぼう、です。

フェスティバルディレクター ウォーリー木下(sunday/オリジナルテンポ 代表)

wori

ウォーリー木下

93年、神戸大学在学中に「劇団☆世界一団」(現sunday)を結成。全ての作品で作・演出を担当。俳優の身体性を重視した演出が特徴的。並行してノンバーバルパフォーマンス集団「THE ORIGINAL TEMPO」のプロデュースを行い、エジンバラ演劇祭にて5つ星を獲得。その後、スロベニアや韓国、ドイツなどと国際共同製作を行い、海外からも高い評価を得ている。近年の主な活動は東京パフォーマンスドール PLAY X LIVE『1 X 0』作・演出、『つながる音楽劇 麦ふみクーツェ』脚本・演出、「多摩1キロフェス」ディレクターなど。