多摩1キロフェス2015

多摩1キロフェス2015

2015.9.19[土]・20[日]
多摩センター駅〜多摩中央公園1キロのエリア

川村美紀子

1990年生まれ、16歳からダンスを始める。日本女子体育大学(舞踊学専攻)卒業。2011年より本格的に作品を発表し、2012年初演の『へびの心臓』は、国内外で上演を重ねている。「どこからかの惑星から落下してきたようなダンス界のアンファン・テリブル」(Dance New Air 2014/石井達朗氏)とも紹介されるその活動は、劇場にとどまらず、屋外やライブイベントでのパフォーマンス、映像制作、弾き語りライブ、自作品の音楽制作、レース編みなど、表現活動を多彩に展開。
 2014年『インナーマミー』初演、トヨタコレオグラフィーアワード 2014「次代を担う振付家賞」及び「オーディエンス賞」、横浜ダンスコレクション EX 2015「審査員賞」及び「若手振付家のための在日フランス大使館賞」を受賞。2015年秋に初演する「まぼろしの夜明け」は、オーディションダンサーと共に、「身体との戦い」に挑む。2013-14・2015-16年度(公財)セゾン文化財団ジュニア・フェロー。

川村美紀子『川村美紀子 61キロフェス』

出演 川村美紀子、日本女子体育大学ダンス・プロデュース研究部
協力 日本女子体育大学ダンス・プロデュース研究部
出演日 9月20日(日)
※大階段にて観覧いただきます。前方にはベンチシートがございます。
場所 大階段ステージ(パルテノン多摩 大階段下)
料金 無料
プログラム詳細はこちら